島村楽器 郡山アティ店 シマブロ

島村楽器 郡山アティ店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

「音楽好きにオススメしたいこの1冊」 郡山アティ店Vol.5 ヤギヌマ編

皆さまこんにちは!梅雨ですね~ジメジメ!
この時期はただでさえ量の多い髪がさらに暴発、だいたいいつもボンバヘーッ!なヤギヌマです。
しかし梅雨が明ければ夏がやってくる…!おいしい夏野菜のおつまみを食べながらビールを飲むのがとっても待ち遠しいです~

さて、今回は音楽好きの方にオススメしたい一冊ということで!
ヤギヌマのオススメはズバリ、コレ!

デトロイト・メタル・シティ

だいぶ前に映画化もされておりますし、皆さまもすでにご存じかもしれませんね!

■あらすじ
主人公・根岸崇一はポップでオシャレな音楽を好む青年。大学進学に伴って上京してきた彼は、ポップミュージシャンとしてデビューするという夢を叶えるため、大学卒業後にレコード会社と契約する。
ところが、事務所から根岸が演らされることになったのは、彼の趣旨とは正反対のデスメタルであった。程なくして根岸は悪魔系デスメタル・バンド「デトロイト・メタル・シティ(通称DMC)」のギター・ボーカル「ヨハネ・クラウザーII世」に仕立て上げられ、デビューする事になってしまう。
メタルは嫌いな根岸だったが、いざステージに立ってみると秘められたメタルの才能を発揮し、瞬く間にバンドは大ブレイク。根岸自身の思いに反してクラウザーはカリスマと化し、DMCは一躍世間の注目を集める人気バンドとなる。

■ヤギヌマオススメポイント①
「こんなはずじゃなかったのに…!」は悪いことじゃない!
主人公は自分の好きな音楽がありながらも、まったく逆のジャンルの音楽活動を強いられ
はじめは「僕がやりたかったのはこんなバンドじゃない…!」と嘆くのですが
話が進むにつれて、私生活の一端にヨハネ・クラウザーⅡ世としての自分が現れたり
自分の知らなかった才能をどんどん開花させていったり、自分の意に反してですが、キャラも音楽もハマっていきます。


バンドや部活、制作活動などなど…音楽って「こうじゃないのに…!」とヤキモキすること多いですよね?
音楽に限らず、仕事・人間関係・お金・将来などなど...生きてる限り尽きない悩みですよね~

この漫画を読んだ大学生の私は
『この先「こんなはずじゃ...!」があっても、クラウザーさんみたいに...まぁなんとかなるか~』
くらいの気持ちで、気楽に音楽に取り組むようになりました。さすがに歯ギターはしなかったですけどね!
いろんなジャンルの音楽に興味を持って、聴いたり演奏するようになれました~

■ヤギヌマオススメポイント②
すがすがしいほどの暴言・暴挙!
ここにはとても書けませんが
普段言ったことも言われたこともないような、なかなかなセリフ
「こんなの絶対ありえないだろ~」というステージでの数々のパフォーマンス

最初は若干うわ~っとひきますが、読んでいくうちに不思議とスカッとする気持ちが沸いてきます。
普段はとても言えないことや、できないことをステージでバーンとやってのけるクラウザーさんの描写がそうさせるのでしょうか...!
モヤモヤしている人なら自分を重ねて、スカッとできるんじゃないかと思います!たぶん!
※ただし少し下品なので要注意です。

ヤギヌマの過去記事はこちら!

kouriyama.shimablo.com
kouriyama.shimablo.com

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.