島村楽器 郡山アティ店 シマブロ

島村楽器 郡山アティ店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【秋の音楽教室キャンペーン特別企画】ヴァイオリン樋口先生・チェロスクール村越先生にインタビューしてみました!

ただいま郡山店では教室入会キャンペーン実施中!

f:id:shima_c_kouriyama:20150915205834p:plain
音楽教室&楽器担当の湯田(ゆだ)です!
ただいま島村楽器では音楽教室入会キャンペーンを実施中です!
入会キャンペーンについて↓詳しくはコチラをクリック!
www.shimamura.co.jp
今回は、当店ヴァイオリンスクール・チェロスクールの事をもっと知っていただきたく、各コースの先生方へ突撃インタビューをしてみました★
普段レッスンをされてる先生がどんな方々なのか知って頂ければ嬉しいです♪

早速インタビューしてみましょう♪

f:id:shima_c_kouriyama:20150929205640p:plain  f:id:shima_c_kouriyama:20150929210224p:plain
湯田(以下「湯」):「樋口先生(以下「樋」)、村越先生(以下「村」)宜しくお願い致します♪」

Q1、湯:「バイオリン・チェロを始めようと思ったきっかけは?」
A、樋:小学校の合奏部に入部したこと。
  村:小学校3年生の時、音楽室にあったチェロを見て、「なんてかわいい形。」とチェロを好きになり、合奏部に入って練習しはじめたことです。

Q2、湯:「一番最初に弾ける様になった曲は?(覚えていればで!)」
A 、樋:覚えていません...
  村:忘れてしまいましたが、何か童謡を弾いたと思います!

Q3、湯:「始めたばかりの時、練習で苦労したことは?また、それをどのように乗り越えましたか?」
A、 樋:特にバイオリンがあたる顎や肩が痛かったですがいつの間にか平気になっていました。合奏だったので、弓順を覚えたり音程を合わ せるのが大変でした。どのように乗り越えたかは...ひたすら練習しました!!!!
周りの友達に負けたくない!と思いながら日々必死に練習して気がします。
  村:を押さえる左手や弓を持つ右手の、特に小指がとても痛くなったことです。正しいフォームに気をつけながら、楽しんで練習しているうちに、いつの間にか痛くなくなっていました。

Q4、湯:「今はどのような活動をしていますか?」
A、 樋:小中学校で指導をしたり、レッスン以外はカルテットやバイオリンデュオで結婚式場や小学校などで演奏したり、社会人オーケストラにも入っています。
  村:生徒さんへのレッスンの他に、演奏活動を行っています。演奏活動では、オーケストラ、楽合奏、ソロ、室内楽、合唱とのアンサンブルなど様々な演奏に参加しています!

Q5、湯「先生の一番好きな曲は?また、その理由は?」
A、 樋:たくさんあるのでこれというのは決められませんね!
  村:好きな曲は沢山ありますが、ハイドン作曲チェロ協奏曲第1番を選びます。曲のすばらしさに加えて、作曲された当時、ハイドンのオーケストラで、チェロの名手ヨーゼフ・ヴァイグルが演奏していたことなどの歴史を学び、当時を思い浮かべると、わくわくする1曲だからです!

Q6、湯:「バイオリン・チェロの最大の魅力は?」
A、 樋:木でできているので温もりのある音色、音域が広いので低音から高音まで出せることも魅力です!
弾けば弾くほど楽しくなります♪
  村:楽器のすばらしいフォルムと、美しい音色だと思います!!

Q7、湯:「最後に皆様に一言!」
A、 樋:子どもから大人まで、絶対楽しめる魅力のバイオリンです。気軽にレッスンに通っていただけたら幸いです。
音楽のある人生をぜひ一緒に体感しませんか?お待ちしております♪
  村:チェロは、色々な楽器と合奏できたり、メロディを弾いて歌ったりできて、音楽を深く味わわせてくれます。
一度練習すると、ずっと続けたいと思わせてくれる、愛着のわく楽器です。興味のある方は、ぜひ、レッスンにお越しください。
お待ちしております♪

樋口先生、村越先生ありがとうございました!!難しいと思われがちな楽器ですが、「演奏してみたい!」という気持ちがあれば大丈夫です♪
スタッフ一同、全力でサポート致します!!芸術に秋に私たちと一緒に音楽を楽しみませんか!?

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.